社会になじめない発達障害|正しい対処でオドロキ改善効果!

障害を診断する方法

二人の医者

専門の精神科やメンタルクリニックなどを受診し検査をすることで、発達障害かどうかの判断を行なうことができます。ここで行われる検査では、言語理解、知覚統合、作動記憶に処理速度など、検査を受ける人の能力を多角的に評価し判断を行なうことができる検査です。多くの人は、これらの検査によって数値が軒並み低ければ、発達障害と判断されるのだと考えるでしょう。しかし、高機能発達障害を患う人はこの限りではありません。高機能発達障害の人ですと、言語、知覚、作動、処理のいずれかの検査、または複数の検査において数値に極端な差が現れた場合に判断されます。たくさんの単語を扱え、簡単な積み木を素早く組み立てられる言語、知覚面で優秀な成績を叩きだしても、作動記憶に含まれる数を数えながら別の計算をする事や、簡単な算数の問題が全く行えないとする場合、発達障害であると診断されるのです。点数の平均点から低機能発達障害か高機能発達障害かを判別し、さらに各テストの点数のばらつきから、発達障害かどうかを判別できるので、高い精度での診断結果が得られるとして多くのクリニックで用いられています。

発達障害を診断するクリニックでは、他にも問診などから発達障害か否かを調べます。普段の生活においてどのような点で不都合が現れているか、またはどの様なところが一般の人と異なっていると感じているか、本人から聞き取ることで判断ができます。発達障害は多くの症状があるものの、社会において弊害となる傾向は深く研究されているので、聞き取りにおいて該当する症状が見られれば判断の基準となるでしょう。本人の思い込みか、発達障害による弊害かは広い知識のある医師ならすぐに見破ることができるのです。また、発達障害かどうかを判断する重要な証言として、子供時代の様子の聞き取りが挙げられます。発達障害は認知行動療法や反復学習によってある程度の改善が見られるので、大人である場合は障害の顕著な様子を見ることはできません。しかし、社会経験の乏しい子供時代ならば他動や不注意などの症状がよく現れるので、子供時代に起こしてしまった問題を聞き取ることで、発達障害かどうかを判別できるでしょう。本人から聞き取るほか、医師は子供時代をよく知る親からの証言を得ることでも判断します。多くの検査とカウンセリングにより正確な診断を行ってくれるので、もしも自分が発達障害かもしれないという不安を抱えていた場合、速やかに専門の医師の診断を仰ぎましょう。