社会になじめない発達障害|正しい対処でオドロキ改善効果!

代表的なアスペルガー

医者

発達障害として、多くの人が思い浮かべるのが、アスペルガー症候群でしょう。テレビやインターネットでも話題となっているアスペルガー症候群は、特徴として不自然なほど生真面目である様子が見られます。発達障害であるアスペルガー症候群は、一定のルールに沿った行動を好む傾向があります。車が全く通らない横断歩道など、多くの人は赤信号でも渡ってしまうところでしょうが、アスペルガー症候群ですとルール通りの行動を好むので、ひたすら青になるまで待ち続けてしまいます。また、食べ物を食べる際にも、ご飯のみ、おかずのみと自分の決めたルールに従って食べ進める事もあるので、人とは違う強いこだわりを持っている場合が多いのです。他にも単純作業を好む傾向があり、ただ汚れを拭き取るだけの掃除や、必要なプリントを選り分けるなどの作業を黙々とこなすなど、人とは異なる特徴が多くあります。こうした行動は子供の頃から顕著に見られるので、子供の様子から発達障害かどうかを判別することはできます。また、大人になっても発達障害というものは完全に治ることはありません。人からよく自分自身の行動について注意を受ける事があるという人は、こうした強いこだわりをもつアスペルガー症候群である可能性が高いといえます。

発達障害であるアスペルガー症候群は、不文律のような明言されない事柄に対し無頓着な事が多くあります。誰しも言わずとも分かるような気遣いや、発言のニュアンスの違いに気がつかない事も多くあるので、学校や職場などの集団行動を行なう場所では周りの足並みを乱す存在としてやっかまれる事がよくあるのです。アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムに属する症状であり、この自閉症スペクトラムに属する人の多くは自分の世界を持っているので、周りのことに無頓着であるがゆえに周りの人とは違った行動を取ってしまうようになるのです。そのため、アスペルガー症候群と診断された人は周りの行動をよく見て、他人がどのように振舞っているかを観察することで症状を改善させられます。一度自分の中でルールを決めてしまえば、それに沿って行動をすることが得意であるアスペルガー症候群ですから、他人の行動を観察し不文律をメモなどにまとめることにより、他人との付き合い方や上手な対応の仕方が分かるでしょう。障害だからと健常な他の人へ配慮を求める場合にも、自助努力を怠ってしまえばただの甘えとして認識されるようになります。自分なりに他の人への対応の仕方などをきちんと身に付けることにより、自然と周りにも理解を示してくれる人が現れてくれるでしょう。