社会になじめない発達障害|正しい対処でオドロキ改善効果!

障害について知っていますか?

-Contens-

代表的なアスペルガー

医者

代表的な発達障害としてアスペルガー症候群が挙げられます。自分や他人の決めたルールに沿って行動する事を好むこだわりの強さにより、周りとの衝突が多くなりますが、他人の行動を観察することで相手との付き合い方のルールを学べます。

罹患する人の多いADHD

辛そうな男性

発達障害を発症している多くの人は、ADHDの症状が現れている事が多くあります。異常な物忘れや集中が持続しない他動など、その症状は顕著に現れます。認知行動療法はコンサータなどの薬によって症状を和らげられます。

知られざる学習障害

診察

LDと呼ばれる学習障害は、知能などは一般レベルであるにも関わらず、特定の問題に関して全く学習が行えない発達障害です。検査で詳しく調べられるので、思い当たる傾向が見つかった場合、専門のクリニックへ受診しましょう。

罹りやすい精神病

聴診器

発達障害を抱える多くの人は、社会適応ができず多くの場所で孤立や叱責を受けることから、強いストレスによりうつ病などの二次障害を発症させる事があります。相手から話を聞き、相手の傾向を把握することで上手く付き合うことができるでしょう。

障害を診断する方法

二人の医者

発達障害の診断は、WAISⅢと呼ばれる検査方法によって診断することができます。他にも、医師は綿密なカウンセリングによって現在抱えている問題、または子供時代に行ってしまった失敗談などから、正確な診断を行います。

障害への対処法

悩む女性

近年多くのメディアで話題となっている障害として、発達障害が挙げられます。発達障害はアスペルガー症候群やADHD、学習障害であるLDなど多くの症状に分かれ、それぞれ特徴的な症状が現れます。発達障害と診断された人の多くはこうした症状を一つ、または複数抱えており、社会生活を営む上でさまざまな弊害が現れてしまいます。見た目には一般の人と変わらないものの、言動においては一般的な常識から外れたものとなるので、発達障害は多くの人から理解されず、身勝手な人物として集団から孤立することでうつ病などの二次障害を患う事が多くあります。現在では発達障害を診断する方法も確立しており、検査や綿密なカウンセリングによって、発達障害の傾向が強いかどうか判断できるのです。発達障害は正しい対策方法さえ把握していれば適切に対処できる症状であるため、医師から正確な診断を得た場合、どのように改善をすればよいかを医師から詳しく訊いておきましょう。

発達障害の治療法の一つとして、認知行動療法があります。発達障害を抱えている人の多くは、自分が障害を持っていることを知らないものです。自閉的な性質により他人への関心が薄い発達障害者は、他人との違いをハッキリと把握していないことから、相手へ間違った対応をしてしまうことが多くあります。認知行動療法では、自分自身の特性をきちんと把握した上で、自分がどのような行動をするべきかを冷静に考え、行動に移す方法です。特性によって無意識に行ってしまう間違いを自制し、他人を傷つける言動や不快にさせる行動を抑えることができるでしょう。また、発達障害は脳内物質の欠乏によって引き起こされるという研究結果もあります。脳で生産される脳内物質を多く分泌させるために、各種サプリメントを服用することである程度の改善を図ることもできるのです。発達障害は身体の障害や精神病とは違い、一生治る事はない障害です。だからといって悲観することはなく、自分なりに社会に適応するための努力を行なうことにより、少しずつ自分や周りの環境を変えてゆくことができるのです。